高級車のバンパー修理
2017.05.23

車の正面高級車と言えば、誰もが憧れる車で、一度は運転してみたい、助手席に乗ってみたいなど考える人は多いかと。
そんな憧れの高級車は…維持費も高いというデメリットを持っています。
もしバンパーにすりきずが付いてしまったり、へこみがあったりと、板金が必要となったとき…こちらも修理費用は高くなるのか?と気になるところ。
高級車のバンパー修理について詳しく触れていきます。

■注意したいのは…専門店で修理を依頼することがベスト

車の修理をしてくれる業者は非常に多く存在することは周知の通りです。
その中で、シェアをいかに獲得していくのか?という戦いが業者間で行われているわけですが…。
「高級車を専門に扱う業者」があるとご存知ですか?
もっと言うと、高級車の中でも特定のブランドだけを取り扱っているような業者も存在します(ポルシェだけ、フェラーリだけなど)。
高級車のバンパーを修理する場合は、このような専門性の強い特化した業者に依頼するのがベストです。
「餅は餅屋」という言葉があるぐらいで、単純に「特化した技術力を持っているため安心して任すことができる」という大きなメリットがあるからです。

■特殊な取り付け方になっていることもあるため技術料が高くなるケースも

高級車は大衆車と違って、車自体を作る工程がどうしても複雑になってしまうことが多いです。
さらに、より高級感を出すために、様々なパーツが装備されているため工程自体も増加します。
これが意味することは、一般的な大衆車と比較をすると、高い技術力を持って臨まないと対応ができないということが言えます。
大衆車は、基本的にラインで製作され、それこそプラモデルを組み立てていくイメージ。
フェラーリなどの高級車はオーダーメイドとなるため、おいそれと作ることができないわけです。
(フェラーリなどは、エンジンからオーダーメイドしていく)
何が言いたいかと言うと…バンパーなどを含め、様々なパーツ自体が特殊な取り付けになっているためスキルが求められるということ。
スキルが求められるのであれば、技術料が高くなってしまうということです。
これを注意しておいて欲しいということが伝えたく、紹介させて頂きました。

■言うまでもなく…交換となれば相応の費用が必要になる

傷の状態があまりにもひどく交換と判断されてしまえば、さらに費用がかさんでしまう可能性があります。
大衆車でも同様のことがいえますが、高級車になってくると、少し話が変わってきます。
特に海外メーカーの高級車になってくると、輸入をしないといけないケースも出てくるため…さらに費用が。
このように色々とお金が必要になってしまう高級車…だからこそ「高級車」であり裕福な人しか乗れないということが改めて認識させられてしまいます。
中には修理を格安で行ってくれる業者も存在しますが…このような業者は少し注意をした方がよいかもしれません。

▲ ページトップへ